×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DOマニュアル 1

1.DOとは 〜 8.対戦手順

ブラックマジシャンさん+DO推進委員会
2004/4/13現在


【1.デュエルオンライン(DO)とは?】

Keijiさんが開発した、遊戯王オンライン対戦ツールのこと。解凍し実行すればそのまま使えます。


【2.DOの利点】

(1)パソコン同士を直接繋ぐ(あとで説明するプライベートIPは別)のでリロード不要。
(2)「何か行動(カードを動かす、発言する)をすればそのまま更新
(3)操作はドラッグ&ドロップとクリック右クリックのみ。
(4)カードデータは全て文書なのですぐに更新される(ガーディアンの力は2日前更新)


【3.ソフトの入手方法】

http://members4.tsukaeru.net/k_maeka/Yugi/soft.htmより入手可能。


【4.インストール・設定方法】

a、Yugi.lzhを使用する場合

これは主に上級者向けです。解凍ソフト(お勧めはLhasa)を使用し、解凍します。
解凍ツール配布元はhttp://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/arc/index.html
(お勧めはLhasa32。フリーソフト<無料>です)

補足:速くて信頼性の高い「解凍レンジ」も初心者向けとしてお薦めです。使い方はLhasaと同様で、軽さが嬉しいですよ!

a−1 Yugi.lzhをダウンロード(以降DL)します。デスクトップにDLしたら何かと便利です。
補足:ダウンロードは別サーバ上のプログラム等を自分のPC上に持ってくることです。

a−2 Lhasa使用者の方はYugi.lzhをLhasaにドラッグ&ドロップし、そのまま指示に従います。これで解凍終了。

a−3 解凍が終了したらYugiフォルダが出てきます。その中にYugi.exeというフォルダがあるので、それを開きます。

a−4 Yugi.exeを開きますと中にCard.txtなどがありますが、これらはYugi.exeフォルダ外には出さないでください。カードデータが読み込めなくなります。

a−5 「」と文字の書いてあるアプリケーションをクリックして実行します

a−6 実行すると初期設定画面が出てきます。ここで名前などを設定します。他にも、いくつかチェック画面が出てきますが、少なくとも1番上のものと3番目と4番目をチェックすれば不自由しないと思います。

b、yu-gi_archieve.exeを使用する場合

これは主にパソコン初心者用向けのファイルです。

b−1 yu-gi_archieve.exeをデスクトップにDLします。

b−2 すると、新しく電子レンジみたいなオブジェクトが出現します。ソレをダブルクリックし、実行を選択すれば自動的に解凍されます。

b−3 後は同じフォルダが出てきますのでa−3以降の処理をしてください。


【5.カードデータの入手方法】

落とした状態のものは最新のカードデータにはまだ対応されてません。

http://members8.tsukaeru.net/p-knights/index.htm「DO関連」というコンテンツよりデータを入手してください。

一番簡単な入手方法を説明します

1、CARD FUSIONCARD TOKEN SEIGEN SAMECARD USERCARDというリンクがあります。そのリンクを右クリックします。(ここではCardをDLするものとします。)

2、右クリックすると、「対象をファイルに保存」という項目がありますのでそれを選択します。

3、それを既存のyugiフォルダ内にあるCard.txtに上書き保存します。(警告が出ますが「はい」を選択)

4、後はDL完了を待つのみ。
詳しくはhttp://zero.s20.xrea.com/yugi/setumei.htmにも記載されてます(こちらは画像入りです)

個々のリンクの説明をします。

Card→Card.txtです。ダウンロード必須(中身は魔法・罠・儀式・効果モンスター・通常モンスター)

FUSIONCARD→Fusioncard.txtです。ダウンロード必須(中身は融合モンスター)

TOKEN→Tokencard.txtです。ダウンロード必須(中身はトークンモンスター)

SAMECARD→Samecard.txtです。ダウンロード必須。(中身は過去にモンスター名を修正したものを全て記載。この機能により、名前修正後のバグがなくなります)

SEIGEN→Seigencard.txtです。制限カードは自分でも更新できるのでDLはそちらの判断に任せます。(中身は制限・準制限カード)

USERCARD→前の更新者の爪楊枝さんが作成したオリジナルカード入りです。DLしたい方はどうぞ。(神のカード他オリジナルカードいり)


【6.デッキ作成方法】

1、メニューからデッキ作成を選択します。

2、選択するとデッキ作成画面が出てきます。左が全カードリストで右が自分のデッキ・サイドデッキ・融合デッキを表します。

3、デッキにカードを追加するのは左のリストからカードを1度だけクリックして選んで「>>」ボタンを押すだけです。
デッキからカードを抜くのは、右にリストからカードを選んで「<<」ボタンを押すだけです。
ダブルクリックするとそのカードの情報が出てきます。

4、左の方にモンスター・魔法・罠と書いてあって左にチェックがありますがチェックをはずすとそのカードは表示されなくなります。これを利用してカードの絞込み検索ができます。

5、デッキが完成したらデッキ保存を選択して保存します。「保存」ボタンを押すとファイル名と場所を指定するダイアログが開くので、適当に名前をつけて保存して下さい。今のところファイルを上書きする際に警告等は出ないのでファイル名には注意して下さい。

6、一度保存したデッキを読み込むには「読み込み」を選択してください。右上の「読み込み」ボタンを押すとファイルを選択する画面が開くので、ファイルを選択して下さい。編集した後には上記の「デッキの保存」の手順にしたがって保存して下さい。

尚、http://members4.tsukaeru.net/k_maeka/Yugi/deckmake.htmも参照してください。(こちらも画像要り。)

Help
カードは何百枚も存在しています。自分の目当てのカードを見つけたい場合は左下に「検索」と言うところがあります。目当てのカードの名前もしくはテキストの一部を書き込んで検索をクリックすると該当カードが出てきます。また、そのカードのエキスパンションシリアル(新たなる支配者だと301 デュエリストレガシー1だとDL1)を打ち込めばシリアルの振り分けられてるそのカードが出てきます。(レア度でもOK)シリアルは振り分けられてないものも存在しますがこれは徐々に増やしていく予定です。

真ん中にテキスト出力という部分がありますがそれをクリックすると読み込まれてるデッキを文書で表示します。(モンスター・魔法・罠の枚数も表示)それらはコピー&ペースト可能なのでデッキ診断してほしいとかテキストによる配布をする場合に役立ちます。

→テキストによる配布の場合、その文書を全てコピーし、出力画面にペーストし、デッキ変換をクリックすればデッキが自動的に組まれます。(CGIのテキスト入力機能と同じ機能)ただし、おかしな改行が入ったりするとエラーが発生しますので注意してください。

補足:シリアルナンバーは全て全角数字で打ち込んでください。(半角だとでてきません。)



7、対戦方法

デッキが完成したら対戦ができます。DOはパソコン同士を直接繋げて対戦します。接続方法は2通りあります。

a、直接繋ぐ

あらかじめ、繋ぐ人と接続待ちをする人を分けます。

1、「」のアプリケーションを開きます。すると対戦画面が表示されます。

2、画面の左下に「接続」というボタンがあるのでそれをクリックします

接続待ちの人

3、自分のIPアドレスが表示されていますので接続する人にIPアドレスを教えます。この際、コピーというボタンがありますのでそれを押して、Ctrl+Vで貼り付けできますのでソレを利用されると楽かと思われます。

4、「接続の選択」という枠内で「接続を待つ」をチェックします。そして「接続」というボタンをクリックします。

5、後は相手の接続を待つのみです。接続されると画面にその旨が表示されます。

接続を繋ぐ人

3、相手にIPアドレスを教えてもらいます。

4、「接続の選択」という枠内で「こちらから接続する」をチェックします。

5、教えてもらったIPアドレスを「接続先」という枠内に打ち込みます。
その際、余計なスペースが入らないようにしてください。また、全て半角数字で打ち込んでください。教えてもらったIPアドレスをCtrl+CでコピーしCtrl+Vで貼り付けてもかまいません。(こちらの方が確実)

6、後は接続をクリックすれば通信が繋がります。

−注意−

直接繋ぐやり方には欠点があります。

IPには2つの種類がありまして、「グローバルIP」と「プライベートIP」というものがあります。

プライベートIPの人は接続待ちにすることができません。よって、プライベートIP同士の対戦も直繋ぎではできません。

プライベートIPの人は「家庭内ルータを使用している」または「回線がケーブルテレビまたはADSLを使用してる(これはプロバイダのサイトで確認できます)」人が大抵はそうです。ただし、あとで説明する「サーバ経由での対戦」を用いて対戦できます。

プライベートIPの見分け方をいまから説明します。

1、対戦画面の「接続」をクリックします。

2、「自分のIPアドレス」で自分のIPアドレスが表示されてますので以下のことを確認してください。

IPアドレスの範囲が
10.0.0.0 〜10.255.255.255
172.16.0.0 〜172.31.255.255
192.168.0.0〜192.168.255.255

の範囲の人は全てプライベートIPの人です。(フレッツADSLはこの範囲に該当しますがグローバルIPで接続待ちできます。)


b、サーバを使用する

これが現在主流のやり方です。

サーバへの接続方法

1、対戦画面のメニューを開きます。すると、「サーバへの接続」というものがありますのでこれをクリックします。

2、別ウィンドウで新しいウィンドウが出てきます。サーバ接続者の名前が画面の右に表示されています。左がチャット画面です。これが表示されればOKです。発言欄は左の一番下の欄です。

現在Keijiさんのデフォルトサーバは運営されておりません。ご注意ください。

サーバの切断方法

a、サーバ画面を閉じる。

切断方法はサーバウィンドウの右上の×を押せばウィンドウが閉じてサーバ切断されます。

b、対戦画面を閉じる
DOのアプリケーションを左上の×を押して、終了してもサーバ切断されます。

c、パソコンの再起動または終了
これを行ってもサーバ接続が切断されます。

サーバを使用して対戦を申し込む

1、対戦したい相手の名前を右クリックします。すると「ユーザー情報」「対戦を申し込む」「観戦する」「サーバ経由で対戦」が出てきます

2、後は対戦を申し込むをクリックすれば対戦を申し込みます。相手が承諾したら接続します。その際、対戦を申し込んだ人が「接続を繋ぐ人」、対戦を受けた人が「接続待ちの人」になります。

−注意−
a、この流れはグローバルIP同士(グローバルIPの人は黒文字で表示)または
プライベートIPの人(文字色が緑)→グローバルIPの人の流れになります。黒の人→緑の人という流れは不可能です。よって緑と黒の人での対戦は、緑の人が黒の人に対戦を申し込む形になります。

b、プライベートIPの人はサーバ接続の時に警告文が出てきます。そこで「はい」を選択してください。そうすれば文字色が緑になります。あるいは対戦画面の設定を選択し、サーバ設定を出して一番上の「接続待ちにできない環境にする」をチェックしてください。そうした場合でも文字色は緑になります。

サーバ経由での対戦
緑の人同士が対戦する方法を説明します。

1、相手の名前を右クリックします。するとすると「ユーザー情報」「対戦を申し込む」「観戦する」「サーバ経由で対戦」が出てきます。

2、サーバ経由での対戦をクリックします。後は、相手が対戦を受ければ自動的に接続されます。

−注意−
a、
サーバ経由での対戦時、サーバ接続をきらないでください。サーバ接続を切ると、回線が切断されます。

b、サーバ経由で対戦しても直繋ぎと同じ環境で対戦できます。回線状況にも寄りますが、回線が重くなることはありません。

c、対戦回線の切り方
対戦画面に「切断」というボタンがありますのでソレをクリックします。そしてダイアログがでますので「はい」を選択しますこれで回線が切断されます。直繋ぎもサーバ経由対戦もこの方法で切断します。

−注意−
対戦画面を閉じても、回線が切断されますがエラーの元になるので非常時(回線が混雑して固まってしまうなど)以外は絶対にやらないでください。エラーの種になります。


【8.対戦手順】

では対戦の手順を説明します。尚、対戦画面はこのようなものですhttp://members4.tsukaeru.net/k_maeka/Yugi/Image/sampleimage.jpg

1、接続をしたら、挨拶をする。

CGIと同じく、開始時は「お願いします」。対戦が終了すれば「ありがとうございました」を言うようにしましょう。後、切断する場合も「切断します。」と一言言うようにしましょう。打つスピードに自信のない人はChatmessage.txt(後ほど説明)を使用してもかまいません。

2、先攻・後攻を決める

CGIとは違い、先攻後攻は自動的に決まりません。じゃんけんの機能はないので「コインを投げて裏表を当てる」「サイコロの出た目の大小」など、確率的に公平な方法で先攻・後攻を決めてください。(主流はサイコロの大小)

3、デッキのロード及び5ドロー

3−1、対戦画面の一番下の一番左に「New」というボタンがあります。

3−2、それをクリックしますと、保存してあるデッキを表示します。その中から一つを選んでクリックを押し、開くをクリックします。

3−3、するとデッキがロードされ、シャッフルされて5枚ドローされます。

4、各フェイズについて

対戦画面の左にD、S、M1、B、M2、Eのボタンがあります。それらを説明します。

→ドローフェイズを宣言します。ここで、デッキを1回クリックするとカードが1枚ドローできます。

→スタンバイフェイズを宣言します。

M1→メインフェイズ1を宣言します。魔法・罠を発動・セットやモンスターを召喚・セットできます。

→バトルフェイズを宣言します。モンスターを戦わせたりプレイヤーを直接攻撃したりします。

M2→メインフェイズ2を宣言します。M1と同じことが出来ます。

→これを押すと「ターン終了」と出てきます。エンドフェイズ宣言です。

フェイズの宣言は必ず入れるようにしてください。特にエンドフェイズ宣言は必須です。