×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Oppression No Chaos

by トライスさん
2005/5/3作成


【レシピ(略称)】

モンスター(16枚)
盲信するゴブリン/D.D.アサイラント×2枚/ブレイドナイト×2枚/魔導戦士 ブレイカー/同族感染ウィルス/異次元の女戦士
ならず者傭兵部隊/クリッター/暗黒のミミックLV3/イナゴの軍勢/聖なる魔術師/深淵の暗殺者×2枚/キラー・スネーク

魔法(13枚)
強欲な壺/天使の施し/いたずら好きな双子悪魔/大嵐/サイクロン/強奪/抹殺の使徒×2枚
ライトニング・ボルテックス/地砕き/増援/戦士の生還/異次元の指名者

罠(11枚)
聖なるバリア−ミラーフォース−/破壊輪/激流葬/死のデッキ破壊ウイルス
サンダー・ブレイク/落とし穴/砂塵の大竜巻×3枚/王宮の弾圧×2枚

サイドデッキ
カオス・ソルジャー −開闢の使者−/人造人間−サイコ・ショッカー/賢者ケイローン
早すぎた埋葬/ハリケーン×2枚
王宮のお触れ×3枚/神の宣告×3枚/リビングデッドの呼び声/王宮の弾圧/サンダー・ブレイク

・コンセプト・戦術
《王宮の弾圧》を入れたノーカオスです。
自分の特殊召喚を抑え、パワーのあるモンスターで特殊召喚が出来ない分をカバーします。
序盤から戦士アタッカーを軸に攻撃、《砂塵の大竜巻》《サイクロン》《大嵐》をガンガン使い、罠を破壊してアタックしていきます。
ラッシュ力に欠けるので、ガンガンライフを削っていく必要があります。
《王宮の弾圧》で自分のライフも減りやすいので、奇襲には注意が必要です。

普通のデッキにはあまり見かけないカードの投入理由を書いておきます。
戦士のアタッカー5体は、《洗脳−ブレインコントロール》《聖なる魔術師》《イグザリオン・ユニバース》などといった最近よく見かけるカードに対抗できるモンスターをチョイスしました。
《暗黒のミミック LV3》《イナゴの軍勢》は、レベル3以下で攻撃力がそこそこあり、《死のデッキ破壊ウイルス》の生け贄にでき、1:1にしやすいカードなので入れています。
《増援》《戦士の生還》は、モンスターが少なめなので蘇生系の代用として、モンスター数の少なさをカバーしてくれます。
《異次元の指名者》は苦手な《月読命》《キラー・スネーク》などを除外してくれて、役に立ちます。
《炸裂装甲》などではなく《落とし穴》なのは、《イナゴの軍勢》《魔導戦士 ブレイカー》といったカードと1:1をでき、《王宮の弾圧》で特殊召喚はほぼ封じ込めるのでバトルフェイズに発動しなければならない理由が薄いからです。
《砂塵の大竜巻》はあまりモンスターを破壊されたくないので、ガンガン使っていきます。

サイドデッキは相手が特殊召喚をあまり利用しないデッキだった場合、《王宮の弾圧》や他のカードを適宜抜き、蘇生系、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》を投入します。
相手が罠を軸にするデッキだった場合、《王宮のお触れ》《神の宣告》《ハリケーン》《賢者ケイローン》などをいれ、罠を適宜抜きます。

・キーカード
もちろん《王宮の弾圧》。なくても豊富な《砂塵の大竜巻》で何とかできるようになっていますが、何とか《王宮の弾圧》を決めていきたいところです。
ほかには《死のデッキ破壊ウイルス》は一撃必殺の威力なので決めると勝利が確実に近づきます。
あとは《増援》《戦士の生還》をうまく利用し、自分のモンスターを切らさないプレイングが大事です。

・背景
特殊召喚がワラワラしている環境下で、トーナメントレベルに十分達しているデッキタイプだと思っています。
正直な話、このデッキテーマは強いのですがこのデッキとしてはあまり強くありません。
自分のプレイングのせいもありますがテスト段階で勝率5割ぐらいです。
使う人によっては10戦全勝していたりしますが。
自分は戦士、サイドカオスという形をとりましたがいろいろ考えられると思います。
ぜひとも皆さんの手で「弾圧デッキ」を進化させてほしいです。