×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

諸刃の剣

by akitoさん
2004/11/11作成


【レシピ(略称)】

モンスター19枚
可変機獣ガンナードラゴン×2 ダーク・ネクロフィア ゴブリン突撃部隊×3 ジャイアント・オーク×3 ニュート×3 怨念のキラードール×3 ニュードリュア×3 ならず者傭兵部隊

魔法15枚
強欲な壺 早すぎた埋葬 心変わり 強奪 光の護封剣 苦渋の選択 大嵐 サイクロン 非常食×2 スケープ・ゴート×3 エクトプラズマー×3

罠6枚
リビングデッドの呼び声 破壊輪 停戦協定 スキルドレイン×3

サイドデッキ15枚
ファイバーポッド エネミーコントローラー×3 シールドクラッシュ×3 抹殺の使徒×2 魔法効果の矢×3 王宮のお触れ×3

以上40枚+15枚(+融合デッキ)

●事の起こりは…
永続系カードを使う場合に必ずついて回る要素。それが「如何にして場に残すか」
しかし、これらの永続系カードを守るカード、たとえば「マジック・ジャマー」。これは、確かに永続系カードを魔法から確実に守ってくれますが、手札1枚を確実に失います。つまり、アドバンテージがマイナス1になります。まぁ、つまりは損してる訳ですね。
他にはアドバンテージを殆ど失わない「偽物のわな」にしても、魔法には無力だったり相手に伏せの情報を公開してしまう弱点がありますし、片っ端から無効化する「神の宣告」にしても、ライフが半分になると言う点は序盤では厳しすぎます。つまりは、序盤は殆ど使い物にならない、神ならぬ「紙」に成り下がる場面もしばしば。

まぁ、ここで皆さんご静聴。

どうせ失うアドバンテージだ。
自分から失ってやれ。

ただし…

元は取ろうぜ。
”逆にアドバンテージを取ってしまえ。”

はい。ここテストにでr(以下略

●デッキコンセプト
上記のとおり理論の元、「永続を除去される時に非常食で食う」を理想系とし、8割以上を1枚のカードに依存するのではなく、4割に1枚、4割に1枚、計8割に2枚単位に依存度を下げる事で基礎事故率を減少させ、なおかつ、永続を守らない事で生まれるスペースに単純に強力なカードを積み込む事で自然体で強力コンボを成り立たせる。

つまりは「ただ引いて殴って伏せて発動して」ってことですねええ。

●キーカード
「スキルドレイン」
発動時にライフコスト1000が必要。非常食でたべれば±0ですか。おいしいですね。とりあえず場のモンスターの効果を全部無効化。場にこのカードが生きていればショッカーだってただの2400モンスター。エライ。
「エクトプラズマー」
ちょっとテクニカル。でもとりあえず相手のライフと自分のライフの計算を間違えなければ凄く面白いカード。こっちは基本攻撃力が高いので横向いて寝ちゃった人は飛ばしてみたりすると相手は痛がりますよ♪
「スケープ・ゴート」
スキドレとプラズマーの最高のお供。スキドレ下では貫通モンスターは装備なしじゃ出て来れない。プラズマー下では相手の場が空くのにこっちは余裕しゃくしゃく。両方揃ってると…?
「非常食」
でましたスーパーサブ。こいつと羊さんのおかげでつっこみまくっても生きて帰れます。例えるならそれは8000削るのと10000削るのの違いですね。

●基本戦術
とりあえず殴っていきます。スキドレやプラズマーを引くまではブラフ以外の伏せを出さないことがポイント。そろそろやばいかなーって頃にきっとスキドレあたり引いてくれるのでそしたらもう全伏せ戦術です。どばーっと伏せて豪快に攻めていきましょう。
攻めの理想系は「スキドレ+プラズマー」、守りの理想系は「(相手の除去に対して)羊→非常食」
この4枚が上手く2枚以上揃っていれば大体まともな試合になると思います。結構揃うはずです。ダブってしまったらご愛嬌。伏せ除去を使わせると思って1枚ずつ使っていきましょう。まぁ、そのうち他のカードがくるかと。
このデッキで考えてはいけない事は、「自分のライフあといくら?」ってことです。とりあえず1001以上あればスキドレ撃てるのでそこまでは多少、いやかなり、いや相当殴られても攻めの形を崩さない事が重要です。如何にして相手の場をあけて直接攻撃を叩き込むか。裏守備が恐くても殴っていき、プラズマーが除去に応用できる事を忘れずに、スキドレが出たら死霊もマシュマロもただの守備力500以下のモンスターだと言うことも忘れずに。ただ、ただ、力の限り殴っていって相手ライフを削り、こちらに一度でも流れが来たらひっくり返せるだけのライフにしておこうと思うこと。これだけで勝てます。きっと。たぶん…(ぇ

●サイドデッキ
また書き忘れるところでしたサイドデッキの使い方。
基本的にスキドレの弱点であるお触れ、プラズマーの弱点である魔法効果の矢。これらを投入されたらスッパリ諦めて、代わりにサイドデッキのシルクラやエネコンをメイン搭載し、何も考えずに除去して殴るデッキにサクッと切り替えます。お触れ入れたら相手は攻撃防ぐのは難しいですし、魔法効果入れたら何か1ヶ所バランスが欠けます。対してこちらは、元々突撃型のデッキなので微塵も問題ないでしょう。あってもおかしくないような構成になるだけです。抹殺は普通にメインインしても構いませんし、リバモン主体だったら迷わず搭載してOKです。お触れや矢はロック相手にセオリーどうりに投入。対ロックの隠し味にファイポを入れておくといいことあるかも。ファイポのところは「悪夢の蜃気楼」にしておくのもアリかなともおもいます。非常食&サイクの役者は揃ってますし。

●すぺしゃるさんくす
スキドレはやっぱ悪魔だよ!を最初から最後まで言い続けてたなんと言うかさすがなミカタンへ。
「エデンのりんご、ありがとう。危うく魂とられるところでした」